【リアル広報ツールをつくる】



掲題の「リアル広報」とは、いわゆるネット上での記事のアップや拡散する行為ではなく、チラシの手渡しのように相手に直接届ける広報活動のことです。


プラモ尼崎城のメンバーは、日々尼崎市内で動き回っていますので、当然いろんな人を知っているし出会うけど、こういうプロジェクトのことをかくかくしかじか、きちんと説明するには時間がかかるし、みんながみんなネットをしているわけではありません。なので、「こんなことやってます」あるいは「やろうとしてます」と伝えるブツが要るんですよね。


この必要性はずっと感じていたのですが、じつはクラウドファンドのページを作りきるところで一旦息が切れてしまいまして、ようやく重い腰を上げて…というより腰を据えて取り組んでいます。写真はどんなの作ろうかな、と最初に描いたラフ。メンバーからは何の異論も出ていないので、そのまま作り込んでいるところです。


一番楽しいのはこの段階だったりしますよね。精度の高い完成品には相応の時間と労力が必要ですが、こちらはアイデア勝負。ネタさえ収めればいいので気楽です。オモテ面は分かる人には分かるネタ、というかパロディーです。最近は、こういうパロディーとパクリを混同する方が増えました。世知辛い世の中になったものです。注釈だらけの現代社会に至る源泉はここにあったと再認識させてくれるネタでもあります(嘘)。


そうそう、尼崎では今回、私たちを含む5団体が合同でクラウドファンドをスタートしました。その発表会とクラウドファンドのセミナーをセットにしたイベントが、来たる11月16日(金)よる7時から、阪神尼崎駅前の土井ビルにて開かれます。参加費がかかりますが、「プラモ尼崎城って何?」とか、「どんな人たちがやっているの?(ごめんなさいこんなおっさんです)」という方、ぜひお越しください。詳しくは下記リンクから。要申し込み、だそうです。


https://www.facebook.com/events/307976829790301/

0回の閲覧

プラモ尼崎城

尼崎のものづくりの力を結集して

尼崎城のプラモデル化をめざします

​尼崎市・日本

  • Facebook - プラモ尼崎城
  • Twitter - プラモ尼崎城
  • Instagramの - 灰色の円