【山八化成工業所 工場長日記2】たい焼きとガリガリ君


退屈な投稿が続きます。

私、宮本は料理投稿を行えばそこそこ皆さんが関心を示していただけるのですが、ここでは製造技術的な投稿を行うようにと事務局から指示が出ているので、誰も読んでくれない真冬の夜空に向かって投稿します。


それでは本題です。


熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂


ここで、もう、誰もいなくなったと思います。退屈ですね。つまらないですね。ですが、続けます。


上記二つはなんですか? と言うことなんですが、数多くあるプラスチック素材を大別すると、この二つに分類できます。そして、この二つを簡単に説明すると、材料が高温で溶けて冷やすと固まるのが熱可塑性樹脂。逆に材料を高温で熱すると固まるのが熱硬化性樹脂。それぞれの得意な分野で使用されます。


この二つを食品に例えると「たい焼き」と「ガリガリ君」。熱して溶けるか、固まるかの違いで想像してみてください。歴史としては熱硬化性樹脂のほうが古いですが、現状では製造が容易な熱可塑性樹脂がほとんど主流で熱硬化性樹脂はあまり使用されることはありません。でも、熱硬化性樹脂はその特性をいかした製品もまだまだあり、この先なくなることはありません。


「熱可塑性樹脂」


熱可塑性樹脂はガラス転移温度または融点に達すると軟化する。熱可塑性樹脂は機械加工に適さない場合が多々あるので射出成形や真空成形等が一般的に適用される。熱硬化性樹脂よりも靭性が優れ、成形温度は高いが短時間で成形できるので生産性が優れる。その他にもホットメルト接着剤や熱溶解積層法の3Dプリンタなどに使用される。加熱すれば何度でも成形できるのでリサイクルが比較的容易。通常、熱可塑性樹脂と言う単語は、硬度高い「プラスチック」とほぼ同意味で使われている。


「熱硬化性樹脂」 熱硬化性樹脂は成型に時間を要するので生産性や衝撃後圧縮強度(CAI 強度)や靭性においては熱可塑性樹脂に劣るが、硬く、絶縁性、耐電圧、耐熱性があり、溶剤に対する耐性があるので、電気部品や焼き付け塗料、炭素繊維強化プラスチックや熱で重合する特性を活用して接着剤や3Dプリンタなどに使用される。一方、加熱しても塑性変形しないのでリサイクルが困難

2回の閲覧

プラモ尼崎城

尼崎のものづくりの力を結集して

尼崎城のプラモデル化をめざします

​尼崎市・日本

  • Facebook - プラモ尼崎城
  • Twitter - プラモ尼崎城
  • Instagram- プラモ尼崎城